Menu

専門学校で試験対策

警察官になるには、まずは各都道府県の警察官採用試験に合格しなければいけません。

そのためには、専門の知識を勉強し、面接に備えての準備も必要です。警察官になるための勉強は、もちろん独学でも構わないのですが、警察官採用試験は内容の範囲がかなり広く、独学で行う場合はその量に圧倒され、努力が無駄に終わる可能性が高くなります。

つまり、合格を本気で目指すのなら、独学ではなく専門学校に通うほうがかなり効率的で、合格率も上がるのです。

警察官採用試験の試験範囲は先述の通り、とても広いため、出題の傾向を把握するかどうかが合格の鍵となります。独学の場合、ここが最大のネックとなりますので、採用試験の対応に長けた専門学校をおすすめします。専門学校はほとんどの場合、1年制となりますが、2年制を設けているところもありますので、自分の都合やスタイルに合わせて選べばいいでしょう。

専門学校では、警察官になるための基礎知識や一般常識の他に、面接対策や論文対策も行ってくれます。今の採用試験は面接の比率が高い傾向にありますので、専門学校でしっかりとした面接の技術を学ぶことは、合格に何歩も近づくことになります。

また、大原学園専門学校では、入学時からマンツーマントレーニングで面接対策を行っています。(参考元 > 大原学園 > 専門学校情報)

マンツーマントレーニングを行うことによってコミュニケーション能力を磨くことができるので、独学よりも面接の質があがります。それを満たすには専門学校がおすすめです。

専門学校のメリット