Menu

警察官の専門学校

警察官になるには、採用試験に合格しなければいけません。

そのためには、専門の知識を勉強し、面接に備えての準備も必要です。ただ警察官採用試験は、その出題範囲がかなり広く、どこへ的を絞って勉強すればいいのか、独学では無理が生じてきます。

つまり、合格を本気で目指すのなら、独学ではなく専門学校へ通うことが重要と言えるのです。日本の警察官のほとんどは都道府県警察に属しています。そのため、採用試験も各都道府県が行うことになっているのです。この採用試験には、Ⅰ類からⅢ類までの3種類があり、それぞれ大卒程度、短大程度、高卒程度といった出題レベルとなっています。

そして、試験を受けるに当たっては、身長や体重などの身体基準もありますので、これに満たない場合は、試験自体を受けられなくなる場合もあるのです。また、このような採用試験に合格したからと言って、すぐに警察官になれるわけではありません。

あくまでも警察官学校へ入校する資格を得たに過ぎないのです。さて、警察官採用試験に合格するには、やはり専門学校で勉強するのが近道となります。過去の出題やその傾向のデータを蓄積しているわけですから、それを生かした効率のよい勉強方法を取るからです。

また、近年の採用試験はその人物の人柄や人間性を重視する傾向にあります。こういった面接の対策も専門学校ならではのものと言えます。警察官になるには、まずは専門学校からスタートしましょう。このサイトは警察官になるための資格と専門学校について説明します。

専門学校のメリット