Menu

警察官になるには

将来就きたい職業として、子どもから学生まで人気の高いものの一つに警察官があります。ドラマやドキュメンタリー番組などで、その奮闘する姿に憧れを抱く人は多いのです。この警察官ですが、もちろん誰でもがなれるわけではありません。

警察官になるには、まずは採用試験に合格する必要があるのです。警察官の採用ですが、大きくわけで3つあります。まずは警察の全体をまとめている「警察庁」、そして皇室の警備を担当する「皇宮警察本部」、そして一般的に警察官と言われている「都道府県警察」です。

「警察庁」と「皇宮警察本部」はかなり特別な扱いとなりますので、今回は「都道府県警察」に絞って説明しましょう。警察官になるには、各都道府県の警察本部が実施している警察官採用試験に合格しなければいけません。

そしてその採用試験には大卒程度のⅠ類と、短大卒程度のⅡ類、そして高卒程度のⅢ類があります。また、試験を受けるに当たっては身体基準があり、これに満たない人は試験が受けられない場合がありますので、注意が必要です。

試験は一次、二次とありますが、これらに合格したからといって警察官になれるわけではありません。

この後、警察学校に入学し、警察官としての基本的な知識を学んでいくこととなるのです。

専門学校のメリット